熱中症と脱水にご注意を!

2019年06月10日

5月下旬は記録的な暑さが続きました。暑さに体が慣れていないこの時期に、体調をくずしたり、食欲をなくしたりしていませんか?

在宅療養中の患者さんにも、脱水を起こされている方がいらっしゃいました。特にご高齢の方は、以下のような理由で脱水に陥りやすいので注意が必要です。

 

  • 加齢による食欲の減退により、水分摂取量が減っている。
  • 体液を多く貯蓄する筋肉量の低下により、体内の水分が減っている。
  • 体内の水分量をコントロールする腎臓の働きが低下している。
  • 感覚機能の低下により、のどの渇きに気づきにくい。
  • 病気や排泄障害により、必要な水分まで排泄されてしまう。
  • 体調不良による下痢や嘔吐で水分が過剰に排泄されてしまう。
  • 利尿作用のある薬剤を服用している。

 

脱水症を予防するため、体に必要な水分を定期的に摂取するよう心がけましょう。

水のペットボトルだけでは、飲みたくない場合も多いかと思います。水分を多く含むフルーツや、ゼリーなどからも水分を摂取することは可能ですし、水分量の多い食事を心がけることも重要です。

 

注意喚起のため、当院ではこちらの案内を配布させていただいています。

 

20190610.png

 

のぞみハートクリニック

村岡

のぞみハートクリニックブログTOP

年別

06-6397-8010

診療のご予約はお電話にてお問い合わせください
<診療予約受付時間>9:30~19:00

フォームからのお問い合わせはこちら

Totop